モンテッソーリ教育とは

 

 モンテッソーリ教育とは 自己発展の助成です。

 子どもには自らを自らの力で育てていく力が存在しています。
 それをお手伝いしていくのが モンテッソーリ教育です。

 

 

 以下のことを目標に、子どもたちの成長のために援助します。

  1、自主性を持ち、自己教育の出来る人

  2、知性と創造性を持つ人

  3、社会・文化に適応する人

  4、人類の平和に寄与することの出来る人

 

 

 

 モンテッソーリ教育のお仕事の意味

 大人の仕事は、結果を求める生産的労働ですが、

 子どものお仕事は“人間性を形成する”ことです。

 子どもたちは、それぞれが置かれた環境の中で「自分を作る」ために、

 自分の感覚と筋肉を使って活動します。

 お仕事で手や頭を使うことにより、「できた!」という喜びや達成感が

 満足感につながります。このような経験を重ねることにより、自律心が育ち、

 心身が発達(正常化現象)していきます。これを繰り返すうちに、自分を認められ、

 他人をも認められる穏やかな人柄へと成長していきます。