マリア・モンテッソーリについて

 

マリア・モンテッソーリ(1870~1952)

1870 イタリアにうまれる
母は確固たる教育方針を持ち、マリアは大変意志の強い子に育つ
算数がとても好き
ミケランジェロ工科学校と国立レオナルドダヴィンチ工科学校卒業
その後、生物学に興味を持ち、ローマ大学医学部に入学し、イタリア初の女医となる
1907 ローマの貧困街サンロレンツォで「子どもの家」を始める

アメリカ・ヨーロッパでモンテッソーリ教師養成

1939 インド滞在
0~3才児の研究
児童期、思春期、青年期の発達の研究
平和教育の研究、多数の本の出版
1951 子どもの発達「発達の4段階・命を構成するリズムと球根」を発表
1952 81歳で生涯の幕を閉じる

 

 

 

 

  

 

    

 

  

 

  

 

 

すべてをなおすことのできる愛する子ども達よ。
私とともに人類と世界の平和を築くお手伝いをしてくれるよう祈っています。
ーオランダのモンテッソーリTの墓碑ー