<マリア・モンテッソーリ(1870〜1952)とは>

1870 イタリアに生まれる
母は確固たる教育方針を持ち、マリアは大変意志の強い子に育つ
算数がとても好き、ミケランジェロ工科学校と国立レオナルドダヴィンチ工科学校卒業。その後、生物学に興味を持ち、ローマ大学医学部に入学し、イタリア初の女医となる
1907 ローマの貧困街サンロレンツォで「子どもの家」を始める
アメリカ・ヨーロッパでモンテッソーリ教師養成
1939 インド滞在
0〜3才児の研究
児童期、思春期、青年期の発達の研究
平和教育の研究、多数の本の出版
1951 子どもの発達「発達の4段階・命を構成するリズムと球根」を発表
1952 81歳で生涯の幕を閉じる


 すべてをなおすことのできる愛する子ども達よ。
 私とともに人類と世界の平和を築くお手伝いをしてくれるよう祈っています。
                        ーオランダのモンテッソーリTの墓碑ー


<モンテッソーリの平和教育とは>

モンテッソーリの考える平和は単に、戦争のない状態だけでなく、身近なところから始まります。子どもは教育という名のもとに、多くの葛藤を経験していることを観察しました。子どもを尊重し、自立した成長を援助する教育こそ、平和の種まきに貢献できると願いました。

<モンテッソーリ教育とは自己発展の助成です>

・モンテッソーリTは、子どもは環境の要素全てを自分の中に取り込むことを発見しました。そして幼児期には、何でも自分でやりたいという衝動が強く顕れます。
・自発的な行動を繰り返し行うことで、神経細胞の絡み合いが密になり、神経細胞の中を信号が通ります。(運動を伴った動きが重要・・・じっと座って学習教材のテープをきいたり、カードを見たりする学びと違うところ)
・身体の器官がよく使えるようになると、子どもに”生きる喜び”を与えます。(満足感、達成感を経験すること)

このように子どもの運動の発達の自然のメカニズムが、モンテッソーリ教育の基礎となっています。当園では子どもの発達に即した分野別活動と当園独自の活動を取り入れて、子どもたちは伸び伸びとお仕事しています。

かるがもンテッソーリ子どもの家で大切にしていること

子どもが、心落ち着けて、安心できる環境作りを先生全員が、心がけています。

※大人が、子どもをどのように手伝うかで、子どもの個性は変わります。
※大人が、子どもの行動を待つと人をいたわる心、合わせる心が育まれます。物事を細やかに、丁ねいにする喜びが生まれます。
※自己決定、自己選択を喜んであげる。

子どもは、先生やお母さんの目の動きから、自分がすることを安心してみてくれていると感じると、自立心が育ちます。そして、人を尊重するようになります。